社会福祉法人 マーシ園

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら☎0763-82-6000

ホーム ふくの実

Home > 事業概要 > マーシ園グループホーム > ホーム ふくの実
ホームふくの実

新たに、福野地区に福祉ゾーンが整備されました。
また、マーシ園ヘルパーステーションも同時に同一敷地内に移転しました。
第2棟目のグループホームにも、第1棟目と同様に福祉避難所を併設しています。


快適な居住環境で安心安全な毎日を。

高い耐震性を持ち、発電機などを備えているので 地震や台風などの災害時も安心して暮らせます。
7人分の個室があり、一人ひとりが自分らしく自由に 過ごせるのも魅力。
身体に障害があり、車椅子を必要とする方にとっても 安心できる広さを確保しています。
災害時には在宅障害者を受け入れるスペースを 備えています。

 

 

各部屋の紹介

 

概要
名称 ホーム ふくの実
所在地 〒939-1561 富山県南砺市福野1736番地1
TEL お問い合せは八乙女まで TEL 0763-82-0490
代表者 管理者 髙山光夫
設立 平成29年3月
利用定員 7名(男性4名、女性3名)
職員の配置

管理者…1名、副管理者...1名
サービス管理責任者…1名
生活支援員…2名
世話人…3名
宿直者…3名

 

 

サービス内容

世話人や生活支援員が、身のまわりのお手伝いをします。 食事・掃除・入浴・洗濯・自分らしく生活するための相談

それぞれ、自分の部屋で自由な生活を送ります。 ほかの人に迷惑がかからないよう気をつけましょう。

ルールは、入居するみんなで決めましょう。

日中は、職場や作業所などへ通って、目的ある活動をします。 生活支援員はそれぞれの活動についてアドバイスや相談にのります。

掃除や電話番・消灯などは、みんなで協力して行いましょう。 当番や役割を、みんなで決めて下さい。

食事は、朝食と夕食を提供します。平日の昼食は、それぞれの活動場所で食べて下さい。 土・日・祝日やマーシ園が定める休日の昼食も自分で準備してください。

自分で材料を買って食事を作りたい場合は、世話人や生活支援員へ相談しましょう。

 

「ホーム ふくの実」へ入居するまでの流れ

※マーシ園八乙女が、緊急時の対応を行います。
南砺市民病院・鷹西医院がマーシ園の協力医療機関です。

サービス等利用計画 相談支援専門員が、あなたの課題を踏まえ、
思いを大切にしながら支援内容を考えます。
個別支援計画 サービス管理責任者が、サービス等利用計画を踏まえ、
ホームふくの実で生活するための具体的な支援内容を考えます。

 

「ホーム ふくの実」の設備
居室(個人部屋)
室内設備…エアコン、カーテン、クローゼット
7室
防災受入スペース 談話室 1室
防災受入スペース 自炊室 1室
 浴室・脱衣室 2箇所(男女各1)
 洗濯室 2室(男女各1)
 世話人室 1室
 台 所(世話人用) 1箇所
 食 堂 1室
 トイレ 2箇所(男女各1)
 電 話(子機1台) 1台
 テレビ(共用) 2台
 冷蔵庫(世話人用、共用) 各1台
 掃除機(共用) 2台(男女各1)
 洗濯機(共用) 4台(男女各2)
 衣類乾燥機(共用) 2台(男女各1)

隣接棟に南砺市指定福祉避難所を設けており、災害時に住宅障害者を受け入れるスペースを備えています。

 

 

施設平面図

< 前へ戻る